車を買い換える際にガリバーで下取り

位置づけから譲り受けた車だったのですが、車を買い換える際にガリバーで下取りをしました。

 

「走行距離は10万テンポほどだけど車自体はbBの取り分け人気のたぐいでトーンもシルバーだしちょっぴりぐらい根付けさんじゃないかな?」と恋人という話していたのですが、現に偵察に出したら「一度大きな大難してるみたいでフィー塗り付けられない」と言われました(恋人曰く前に乗っていたヒトが過去に後ろからぶつかられたと言っていたのを聞いたことがあるらしいです)

 

大難車だったからフィーは付かず、大抵こいつが9800円を出金車を引き取ってもらいました。
一先ずお客様に「大難車だよ」といったお伝えして並べるユースドカーとして引き取る視点もあるそうですが、行く末問題が起きて仕舞うのも不快だし車のTAXで戻る資金はありましたし9800円で引き取って処分してくれるなら安いやつかなぁと思いました。

 

対応してくださったスタッフは、私たちの乗っていたbBが大好きらしく、すごく激しく語ってくれましたが早口で素晴らしくわかりませんでした。
因みに引き取りの注記も早口過ぎてよくわかりませんでした。
者を置いて先さき事例を進めていくようなパーソンでした。
別のスタッフは元気の無さそうなヒトでした。

 

車の渡しは不平はサッパリありませんが、スタッフはいまいち良い印象は無いです。
色んなお店舗で偵察確認が出来るオンラインもによるのですが、お店舗によっては「買い取り査定してほしかったら持ってきて下さい」みたいなニュアンスのメールアドレス送ってくる付近もあり不快気分になったりもしたので、次偵察に押し流すときはしばし慎重にしようと思いました。