車買取に出す時にはそれなりに情報を集めるようにしました。

車買取における大事なことは自分の車がどのくらいの価値があるものであるのか、

 

 

ということを正確に把握することであると考えていました。

 

 

昔の話ですがカリブという車を持っていました。
車買取に出す時にはそれなりに情報を集めるようにしました。

 

これは当時、

 

なかなかよい車でしたから、

 

車買取に出す時にはそれなりに情報を集めるようにしました。

 

 

当時はインターネットというものがそんなに発展していたものではありませんでしたが

 

ネットで今のように車の相場を調べるということがなかなかできるわけではありませんでしたので

 

自分で色々な中古車店に入って販売価格を見るようにしていました。

 

 

その後色々な所に車を持って行きいくらで買ってくれるのかということを見積もってもらっていたということがありました。

 

 

最終的にこの車は50万円ちょいぐらいで見ることができたのですが基本的にはそれなりに満足しています。

 

 

良い車ではあるのですがどうしても使いつぶしていたということもありますのでこの金額で多少は満足しています。

 

 

もちろん、

 

もう少し高くできたらそれにこしたことはないのですが、

 

結構使いこんでいましたから、

 

多少なりとも満足はしています。

 

 

車買取の業者ですが専門でそれをやっているところもありましたし、

 

販売も一緒にやっているというところもあります。

 

多くの場合、

 

多くの場合、

 

後者であるのですがその部門は完全に買い取りのみ、

 

とやっているところもチラホラとありました。

 

 

車買取の看板はかかげているのですがそれはそのままそこで売るわけではない、

 

ということがあったりします。

 

そうしたところは何かしら専門的に特定の車種を、

 

ということがあったりもしました。

 

 

例えば働く系の車の買い取りに強い、

 

というようなことです。

 

 

さすがにそうしたところでは査定をしてもらうことはできましたし、

 

買い取ったものを捌くルートがあるのでしょうがそもそもそんなに得意ではないのか、

 

そこまで高い金額ではありませんでしたから、

 

そこまで意味があることではありませんでした。

 

 

買い取り後の引渡しとか細かい手続き云々も相手にやってもらうことができましたから、

 

基本的にはとても満足しています。

 

 

さすがに色々とこちらで手続きをしないといけない、

 

ということはとても面倒でしたから、

 

有難いことでした。

 

もう一つよかったことといいますとまだ車を使ってくれる人がいるということです。
車買取に出す時にはそれなりに情報を集めるようにしました。

 

もう私には必要ない車ではありましたが、

 

誰かに必要とされて他所で購入されてまだ使われると思うと嬉しく思えます。

 

 

大事にしていたわけですから、

 

そこは当然です。

 

トップページに戻る